この世で一番大切な「時間」に対する考え方

時間

まさとです。

今回は、ボク自身の時間に対する考え方を

述べたいと思います。

1、1分だろうが、遅刻は遅刻

そもそも、遅刻なんてものを

していてはビジネスで成功する

わけがないと思っています。

それは、見出しにもあるように

1分でも同じです。

1分でも、30分でも、同じ遅刻です。

1分の遅刻であっても、

相手が15分前から待っていると

したら、16分待たす事になって

いるのです。

待ち合わせ時間ジャストに

動こうとするから

1分でも遅刻するのです。

待ち合わせ時間とは

ボクの中ではあくまで

最低限の目安に過ぎません。

とりあえず、何時に集合するかを

決める目安です。

なので、それより早くても

問題ないのです。

逆に早く行って当然です。

2、待ち合わせ時間からの逆算

これも当然なことです。

待ち合わせ時間が決まっているのなら

自宅からそこまで何分で

行けるか考えて行動するのみです。

ここで、よくあるミスが

電車移動の場合として

電車の移動時間だけを考えている

人が多いのです。

そうではないですよね。

自宅から駅までの時間

(信号に引っかかった場合も考慮する)

待ち合わせ場所の最寄り駅から

待ち合わせ場所までの時間。

もしかすると、待ち合わせ場所の

最寄りの駅が大きくて

迷うこともあるかも知れません。

つまり、待ち合わせが決まったら

そこまでの道筋をどんどん細分化

する事が大切なのです。

それも少し長めに時間を

取る事が大事です。

自宅から駅までが徒歩5分なら

10~15分くらいとって良いと思います。

もし、タイミングがあえば

1本早い電車乗れるかも知れませんしね。

これは待ち合わせだけに限らず

仕事に行く時にも言えます。

行動を細分化する事で

決められた時刻対して

より余裕を持って行動ができ

結果、相手に良い

印象を与える事にも繋がります。

3、準備をする時間の管理

これも、2に通じるのですが

起きて、出発するまでの

自分の行動を把握しておくことです。

髪の毛のセットに時間が

かかると分かっているのなら

その時間を確保すれば

良いだけです。

家を出るまでの時間が

少ないからバタバタして

そして、イレギュラーがあれば

なお遅刻してしまう。

自分が家を出るまでのにどのくらいに

時間が必要かを常日頃から

把握しておくことです。

そして、これはボクが

一番大事にしている事ですが

家を出る時間を決めたら

家を出る10分前には全てを終わらす事です。

皆、バタバタして家を出るから

忘れ物があったりするのです。

10分でもボクには短いのですが

10分あれば、忘れ物チェックが

出来ます。

一旦、心を落ち着かせてから

出発できるので

精神衛生上良いと思っています。

どうしても、バタバタしながら

行動すると人に対しても

雑になりがちです。

心に余裕がない人は

人に優しくできません。

なので、心に余裕を持てる

行動をしましょう。

4、時間とは自分1人のものではない

これが時間に関する事で

一番大事だと思っています。

例えば、待ち合わせをすると

言うことは、当然ながら相手も

待ち合わせ時間に間に合うように

行動してきているのです。

そこで、あなたが遅刻を1分でも

すると言うことは大変失礼な事です。

人と関わる時間と言うものは

自分だけの時間でなく

相手の時間でもあると言うことです。

家で1人で過ごす時間は

好きなように過ごせば良いと

思いますが

待ち合わせや仕事といった時間は

そこに必ず対人間がいるのです。

そして、その時間を相手過ごす事は

相手の時間を使ってると言う事です。

ですから、この4番目の

時間とは自分1人のものではない

と言う考え方がボクは一番大事だと

思っています。

時間は有限です。

無駄にする程、人間の一生は

長いものではありません。

ましてや、そこに相手が関わって

くるのなら、尚更です。

どんな大金持ちですら

唯一買えないモノ

それが「時間」です。

この「時間」をいかに

大切に捉え考えていくかで

ビジネスの成功にも繋がると思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました