ボクにはサラリーマンが向いてなかった

独立

まさとです。

今回はボクが起業するにあたって

意識的なところなどをかこうと思います。

そもそもの話ですが

ボクはサラリーマンが向いて

なかったみたいです(苦笑)

今までに色んな仕事に就いてきました。

飲食店から現場系など職種様々です。

そして、直近で言えば

2019年には貿易関係の会社で

サラリーマンをしていました。

その会社は規模は大きくは

ありませんでしたが

やりがいもあり

すぐにポストを与えてもらったり

仕事としては嫌ではありませんでした。

しかし、そんな仕事であっても

続けているうちに

だんだん自分の中で

気持ちが冷めていくのを覚えています。

会社でいくら重要なポストを

任されていて

業務として大きなお金を

動かしたとしても

ボクの給料は変わる事がなく

雇用契約のままの固定給でした。

サラリーマンとしては、

当たり前と言えば

当たり前なのですが。

また、自分が知恵を絞って

考えながら仕事してる横で

言われた事しかしない

うだつが上がらない

先輩社員がのほほんとしていたり。

そんな状況にだんだん

違和感を感じてきました。

そして、もともと独立心が

強かったボクは

一大決心をしました!

ボクの好きな言葉で

「鶏口牛後」

と言う言葉があります。

この言葉の意味は簡単に言うと

大きな集団や組織の末端の存在でいるよりも

小さくても良いから自らが「長」であるべき。

と、言う意味です。

一大決心したボクは

すぐに行動を起こしました。

お店をOPENさせるために

退社時期を決め

そこから逆算して

あらゆる準備を進め

無事、2019年の12月に

飲食店をOPENさせる事が

できました。

なんでそんな簡単にOPENできたのか?

お金はどうしたのか?

色々な質問や疑問点があるとは

思いますが

答えは簡単です。

資金面に関しては

常にコツコツと

貯金をしていました。

当時は漠然といつかお店をしたいから

一応、貯めておこうかくらいの

軽い気持ちで貯めていたお金を

全て使いました。

それでも足りなかった分は

クラウドファンディングを

利用しようと思ったのですが

クラウドファンディングだと

日数がかかってしまう事から

個人的にボクの周りの人に話をして

協力して頂けないか頼みました。

するとどうでしょう!?

思っていたよりも

協力者がたくさんいたことで

資金も無事集める事ができました。

こうして資金が集まり

やりたいと言う熱い想いが

ある以上できない理由はないですよね。

そこからは、退社日とお店OPEN日を

決めているので、全ての行動を

逆算して行動するだけでした。

こうして、自分の夢を

一つ叶えた時に

改めて思った事が

冒頭の言葉でした。

ボクはサラリーマンが向いてなかった。

自分の食い扶持は、自分で稼ぐ。

誰かに依存することなく

自分の力で生きて行く方が

自分らしく生きていける。

もちろん、ボクとは逆に

会社に依存する事になんの

抵抗もなく過ごしていける人は

いるでしょうし

そのこと自体をボクは

否定しません。

ただ、もし少しでも

自分の力で生きていきたい。

何かに依存するのは嫌だ。

と、言う思いが少しでもあるのでしたら、

自分を見つめ直すべきです。

簡単にはいかないかも知れません

障害も多いかも知れません。

しかし、たった一度の

あなたの人生です。

諦める事は簡単です。

簡単な道を選んだ人には

それ相応の結果が待っています。

自分を信じてあげましょう。

自分で自分を信じてあげている事が

まわりに伝われば

きっと協力者はどんどん現れてきて

あなたの味方になってくれるでしょう。

少なくとも、ボクは

このブログをここまで読んでくれている

あなたの味方です!

一緒に頑張りましょう!

あなたなら出来る!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました