色んな角度

まさとです(^^♪

ここ数日、大阪府知事の吉村さんと

政府側の西村大臣が色々やりあってましたね。

ボク個人としては

吉村さんを応援しているので

どうしても、大阪府知事の吉村さんの

肩をもってしまうのですが(笑)

このやり取りを見て

皆さんはどう考えましたか?

こうゆう時って色々、難しく考えて変に

拘ってしまったり、頑固になったり

してしまいがちですよね。

ここで大事なのが

視点は一定方向ではないということです。

グラスも、真上から見ると

丸に見えますが

真横から見ると

四角に見えますよね。

しかし、グラスという

物質に変わりはないということです。

つまり、見る角度が違うだけで

形が違うということです。

あなたがもし、

誰かと意見が食い違った時に

一度、深呼吸をして

相手はどの角度から

モノを言っているのか

考えてみましょう。

そうすることでお互いの妥協点を

あなたが提示することができます。

お互いが、自分の意見に

固執してしまっていては

進む話も進まないでしょうし

その時間はただの「浪費」でしかないです。

「勝負に負けて、試合に勝つ」

という言葉があります。

その場の状況や内容は

一見、負けているように思えても

結果的に大局的に見ると

勝っているというと言う意味合いです。

特にビジネスにおいては

「結果」が全てです。

過程が負けていても良いんです。

ゲームセットしたときに

勝っていれば。

そのためには、視野が狭くてはダメです。

自分がどの角度で

モノを見ているか

相手がどの角度で

モノを見ているか

いかに、状態を客観的に

見ていけるかが大事です。

これから、少しづつでも

意識していくだけで

きっとあなたは人との

交渉で優位に立ち

人間関係も良好に

築いていけることでしょう。

モノごとは

色んな形に見えるということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました