人を嫌いにならないという事

自己啓発

まさとです。

皆さんは嫌いな人は

いてますか?

ボクは1人もいてませんよ。

言い方を変えると

「好きじゃない」人は

いてますけどね(苦笑)

今回は人を「嫌い」に

ならない事についてお話

しようと思います。

人間、生きていれば、

職場やプライベートで

色んな人にも出会いますよね。

当然、普通はその中で

好き嫌いが出てくるのは

当然かも知れません。

しかし、人間とは人を嫌いに

なってしまうとその人の

悪い面がどんどん見えてきて

ますます嫌いになり

結果的にその人と同じ

空間にいるだけでも

嫌になってくるものです。

でも、嫌いなものは嫌いですよね(苦笑)

ボクもその気持ちは充分に

わかります。

サラリーマンをしていた時に

当然、ボクも嫌いな先輩が

いたものです。

しかし、嫌いになる事は

凄く簡単なわりに

なんのメリットもないと

感じたのです。

そこでボクは考えました。

「嫌い」ではなく

「好きじゃない」って

認識に変えました。

まぁ、一見同じような

感じがしますけど

これは全く違います!

「嫌い」と思えば

どんどん嫌いになっていき

「嫌い」スパイラルから

抜けだせなくなり

いざ、その人間と必要な

会話や用事が出来たとしても

感情が勝ってしまい

建設的な会話ができなく

なってしまいます。

一方で

「好きじゃない」って

認識にしておくことで

ある意味相手を割り切ることが

出来ます。

相手を割り切ってしまえば

しめたものです。

例え、好きじゃなくても

仕事上関わらないと

いけない時は

好きじゃないけど、

仕事のために、話はするか。

みたいに、割り切って

考えることができるようになります。

それに、「好きじゃない」に

とどめておくことで

もしかしたら、相手の知らなかった

部分が見えた時に評価は

変わるかも知れません。

そうなると「好きじゃない」から

「好き」に変わるかも知れません。

「嫌い」だと、その相手を

常に「嫌い」感情で見ているので

例え、良い面があったとしても

見ようとしないのです。

それに、この嫌いという

感情はやっかいなもので

こっちが嫌いになっていると

それが相手にも伝わっている

ものです。

まぁ、中には鈍感で

気付かない人もいてますけどね(苦笑)

あなたがもし、

今、「嫌い」な人がいてるのなら

その感情・認識を

「好きじゃない」に

変えてみましょう!

きっと、たったそれだけの事で

あなたの精神衛生面は

改善されるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました